NPO法人都民シルバーサポートセンター

0800-222-3008

寺子屋いづみさんへ本を寄贈しました

先日、私の子どもたちが楽しそうに本を読んでいました。
小学5年生の長男が読んでいたのは、日野原重明先生著書『明日をつくる十歳のきみへ』、小学3年生の二男が読んでいたのは山崎聡一郎先生著書の『こども六法』でした。
私も読んでみて、是非多くの子どもたちに読んでもらいたいと思いました。

日野原重明先生著書『明日をつくる十歳のきみへ』には、
「いのちの授業」のほかに、ほしいものを手に入れて満足する「持つ人生」と
自分が何になるかが目標の「なる人生」の大きな違いについて書かれています。
103歳の日野原重明先生が医師の立場から子どもたちにメッセージを贈られています。
山崎聡一郎先生著書『こども六法』は、子どもにもわかりやすく法律を説明しています。
この本を通じて、「いじめという犯罪を『こども六法』で無くしたい」という山崎聡一郎先生や監修に携わった多くの先生方の想いが詰まっています。

私は、先生方の本に感銘を受け、是非多くの子どもたちの目に触れて欲しいと思い、先日素敵な出会いをさせていただいた世田谷区の一般社団法人寺子屋いづみさんに寄贈させていただきました。
寺子屋いづみさんに集まる子どもたち、またその子どもたちをサポートする大人たちにも読んでいただき、日野原重明先生、山崎聡一郎先生の想いに共感していただけたらうれしいです。
それが、次の時代の日本、地域共生社会の実現に近づくような気がします。

継ぐサポ 信夫

活動紹介ブログに戻る

「相談無料」・「Web相談可」

ご相談いただいた方へ
オリジナルエンディングノート
「継ぐサポノート~大切な想いを次世代へつなぐノート~」
プレゼント実施中!

継ぐサポノート?大切な想いを次世代へつなぐノート?