NPO法人都民シルバーサポートセンター

0800-222-3008

お一人さまの墓じまい

『身寄りのないお一人さまが亡くなった場合、墓じまいはどうなるの?』と思われる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
昨今の少子化や核家族化の影響により、当団体でもご逝去後の火葬・葬儀・納骨や墓じまいといった内容のご相談が増えてきています。

仮に、何も準備をせずに亡くなってしまい、誰もお墓をみる方がいない場合、一定期間申し出がないと、最終的に管理者がお骨を無縁墓地に埋葬し、墓石を撤去して更地に戻します。
この間、お墓は荒れ墓となり、まわりのお墓に悪影響を与えるだけでなく、お墓の管理者に対し墓石撤去や整地費用を負担させてしまうことにより、これまでお世話になった方々に迷惑をかけてしまうことにもなります。

そうならないよう、生前に遺言を作成し、ご自身の死後の想いを遺言執行者に託すことで、ご逝去後の対応や最終的な墓じまいまで、身内の代わりとなって実現することが可能となります。
遺言と併せて、死後事務委任契約も交わしておくとより万全です。

『本当にそんなことができるの?』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、当団体では法人格として遺言執行者となり、ご逝去後の様々なサポートをしている数多くの実績があります。
実は、このように法人格で永代供養から墓じまいまで対応する団体は非常に珍しく、少なからず私はその存在を知りません。

私たち都民シルバーサポートセンターは、「今と、その先のありがとうへ」という大切な理念のもと、ご相談者の一人ひとりに寄り添い、少しでも安心してその先へ旅立っていただけるよう心のこもったサポートをさせていただきます。
将来について不安のある方はひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

継ぐサポ

活動紹介ブログに戻る

「相談無料」・「Web相談可」

ご相談いただいた方へ
オリジナルエンディングノート
「継ぐサポノート~大切な想いを次世代へつなぐノート~」
プレゼント実施中!

継ぐサポノート?大切な想いを次世代へつなぐノート?